骨 飯

絵とか制作したものを置いていく倉庫

今年一年ありがとうございました

長文になりそうですが、今年を振り返った記事を書こうと思います。

まず始めに、今年一年ありがとうございました。
放送やTwitter、支部など様々な形で色んな人とお話できたことがとても嬉しい一年でした。実際に話すことはなくても、自分の描く絵を好きでいてくれる人がいることに励まされました。
そして自分の知らないものがまだまだ沢山あることを実感し、それだけ魅力を持った方々や作品が周りにあったことに気付けなかったことが悔しいです。


ここからは個人的な一年を振り返った話+αになりますので、念の為にワンクッション置きます。



昨年の終わりから今年の初めにかけ、人間関係において折り重なるようにいざこざが起こり、それは自分の中で人との関わり方を根底から見つめ直さなければいけないと強く感じた出来事でした。
その後、環境を変えるために新しい職場へ移ってはみたもののうまくいかず。

どうして当たり前の事が自分にはできないのか、というものから始まり他にも様々な疑念は数年前からありますが
そもそもどのように人と話せばいいのか そういった根底からわからなくなっていました。

しかしながら、その中でも少なからず変わらない態度で接してくれる人たちがいて 交流が増え、関わっていくにつれ そういった悩みも自然と薄れてきたように感じます。
今までは色々あって落ち着いて周りを見ることもできませんでしたが、ようやく外に目を向けられるようになったかなあと。
新しい情報や知識に戸惑うことも多いです。行ってみたい場所、やりたいこと、挑戦したいことも比例して増えました。

絵は引き続き精進します。来年は特に苦手なものを積極的に描いて取り込んでいきたい。
ただ、今は絵を仕事にしようという考えを保留にしています。
誰かの何かが少しでも満たされるようなものが描きたい 喜んでもらいたい。自己満足では終わらせたくない部分。
趣味と言い切るにはどうも引っ掛かりを覚える感覚はあるのですが、まずは個人的に活動してみる時間を作って、どこが自分の納得いく立ち位置であるかを模索してみようと。

あとは、自分の好きなものにはなによりも素直になろう という考えを念頭に置いて色々なものに接していく所存です。
今年はちんけなプライドや意味のない憶測が邪魔をして後悔しました。これは絵的な話ではなく自分そのものの問題ですね。

そしてもう一つ、自分を押し出すことも必要なのかなと思いました。もう少し前に出ることで得られるものもあるんじゃないかなーといった具合です。
なので来年からは配信を告知してみたり、企画に積極的に参加したりイベントへ出向いてみたり。できるところから。

なんだかんだ長々と書き連ねましたが、最後に言いたいことは一言 本当にありがとうございました!
そしてこれからも、出会いも別れもあるとは思いますが どうかその時までよろしくお願いします。

来年も良いお年を。